施設内新聞「ぽっかぽか」17年9月号

感染褥瘡防止対策委員会の活動内容

 

今年度の感染褥瘡防止対策の活動内容をご紹介します。

感染については、昨年同様、換気の継続を行い、利用者様のインフルエンザ感染は一人のみで拡大を防ぐことが出来ました。今年度も昨年に引き続き、施設対応の感染時マニュアルの見直し、作成を行います。

尿路感染予防と致しましては、水分摂取・陰部洗浄の定着を。インフルエンザ予防と致しましては、引き続き換気の徹底を継続していきます。

 

次に、褥瘡については、褥瘡アセスメントスケールを継続し、褥瘡予防を習慣づけし早期発見に努め、

看護・介護職員の意識を高めていきます。その他、施設外の研修に参加したり、施設では、尿路感染や、褥瘡予防についての勉強会を予定しています。

 

ご家族の皆様には面会の制限、マスクの着用、指・手の消毒、又、内履きズックの洗濯等、日頃からご理解とご協力をいただき心より感謝申し上げます。

今後も感染・褥瘡ゼロを目指し、努力して参りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

看護師

その他ご案内

このページの先頭へ