施設内新聞「ぽっかぽか」18年4月号

 ~ ストレスチェック制度について ~

 

ストレスチェック制度は、定期的に職員のストレスの状況について検査を行い、結果に基づき自らのストレスの状況について気づきを促し、メンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、結果を集団分析し、職場環境の改善につなげる事によって、職員がメンタルヘルス不調になることを未然に防止することを目的として、平成27年12月に施行されました。

当法人では一昨年秋と昨年秋に外部の会社に委託して、ストレスチェック(職業性ストレス簡易調査票57問)を2回行い、高ストレスと判定された方は、苦しみや辛さを感じる事が多く、一人で対処することが難しいこともあり、外部会社の産業保険スタッフの方によるカウンセリングや契約医療機関であるメンタルクリニックの医師による面接指導を行い、積極的にサポートを行っています。

これらは、ストレスの要因の緩和やストレス対処を支援する窓口であり、専門家を自身のセルフケアに活用することはストレスへの前向きな対処となり、ストレスとうまくつきあっていくために、積極的に活用することとしております。

職員のストレス軽減により、利用者皆様へのより良い介護を提供できるように努めていきます。

 

                        衛生管理者 水口

その他ご案内

このページの先頭へ