下肢静脈瘤によくある質問

下肢静脈瘤によくある質問

Q1.下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤とは、下肢の静脈にある弁が壊れ、血液がうっ滞し足の血管がふくれてこぶの様になる病気です。良性の病気ですので、症状がなければ治療をする必要はありません。しかし、自然に治ることはありません。

Q2.下肢静脈瘤の症状は?

下肢静脈瘤のおもな症状はふくらはぎのだるさや痛み、足のむくみなどです。これらの症状はは、長時間立っていた後や、昼から夕方にかけておこります。“こむら返り(足のつり)”も下肢静脈瘤の症状です。また重症化すると、湿疹や色素沈着などの皮膚炎をおこし悪化すると潰瘍ができたり、出血することがあります。

Q3.下肢静脈瘤の種類は?

下肢静脈瘤は皮膚から静脈が大きく盛り上がる“伏在型(ふくざいがた)静脈瘤”と、軽症静脈瘤に分けられます。伏在型静脈瘤は静脈のこぶが大きく盛り上がります。だるさや疲れなどの症状が起こるのもこのタイプで、進行した場合は手術が必要になります。 軽症静脈瘤の代表は、”くもの巣状静脈瘤”で、中高年の女性の方に多く症状はほとんどありません。

Q4.下肢静脈瘤の検査は?

超音波検査(エコー検査)を行います。静脈の弁に異常があるかどうかを調べます。皮膚にゼリーを塗ってプローブを血管のうえに当てるだけです。痛みは全くありません。

Q5.下肢静脈瘤の治療法は?

下肢静脈瘤の治療法には弾性ストッキングを使う圧迫療法、注射で静脈を固める硬化療法、そして手術の3つがあります。手術療法は、静脈を引き抜くストリッピング手術とレーザー治療(当院では行っておりません)があります。
手術前 手術後

Q6.血栓と関連ありますか ?

「下肢静脈瘤に血のかたまり(血栓)が出来て脳梗塞や心筋梗塞をおこすのでは?」と心配される方が多いですが。肺梗塞(肺塞栓症、エコノミークラス症候群ともいいます。)は、下肢の深部の静脈の血栓が移動して肺の血管に詰まった場合で。下肢静脈瘤の方で、実際にエコノミークラス症候群をおこしている方はほとんどありませんので、血栓を心配する必要はありません。

お電話・お問い合わせ
076-421-8855

このページの先頭へ