施設内新聞「ぽっかぽか」16年1月号

年頭のご挨拶

 

新年あけましておめでとうございます。ご利用者様ならびにご家族様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 

私たち介護老人保健施設の役割とは、それぞれのご利用者様に応じた、
   1.包括的ケアサービス
   2.リハビリテーション
   3.在宅復帰および在宅生活支援
の提供であり、これらのサービスはつねに地域に根ざしたものである必要があります。

 

本年も「かがやき」職員一同は、安全面に最大限の努力を払いつつ、つねに快適な居住空間をご提供できる施設運営を考え、ご利用者の皆様にご満足していただけるよう努める所存です。
また健康管理面で、ご高齢者の疾患の特徴の第一は尿路感染による発熱を繰り返す方が多いということ、また食べ物の誤嚥による肺炎を発症するケースも見られます。
予防が第一ですが、やはり病気になったときの治療の基本は早期発見、早期治療であり、これらの重症化を防ぐために、初期段階から十分な治療をおこなうとともに、必要があれば早めに提携病院に加療を依頼します。

 

当施設では、各署にて専門の職員がより良いサービスが滞ることないように日夜精勤させて頂き、至らぬ事が無きよう努めて参りますが、介護業務への深いご理解とご家族様をはじめ皆様のお力添えのほどをお願い致しまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

大沢野老人保健施設かがやき
施設長  渡辺 行雄

その他ご案内

このページの先頭へ