施設新聞「ぽっかぽか」18年8月号

~ 言語聴覚士とは ~

はじめまして、こんにちは。言語聴覚士の羽田野(はたの)と申します。
先日、インターネットのニュースで「AIによって給料が下がる職業20」の中に言語聴覚士が入っており、びっくりしました。給料が下がるかどうかはともかく、特に気になったのはその記事の一番下に注釈が入っていたことでした。他のお仕事には注釈がついていなかったので、言語聴覚士はまだまだ皆様にとって未知の職業なのかな、と思った次第です。

言語聴覚士についてご説明しますと、言語聴覚士はことばによるコミュニケーションに問題のある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。また食事の問題(過食や拒食・飲み込みの問題)にも専門的に対応します。

 

ことばについての問題で代表的なのは失語症と言われる病気です。脳梗塞や交通事故などで脳に障害を負うと、話したり聞いたり・読み書きがしづらいなどの症状が現れることがあります。
食事の問題としては、食べたり飲み込んだりすることが難しくなる症状があります。年を取るにつれ、餅で窒息しかけたり水でむせやすくなったりします。それは口から胃に至るどこかで問題がおこるためです。ただし、原因は加齢だけでないこともあります。
これらの問題の原因を見つけ、適切なアドバイスや運動を一緒に行うことが言語聴覚士の仕事です。
もしも困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

言語聴覚士 羽田野

その他ご案内

このページの先頭へ