施設新聞「ぽっかぽか」18年11月号

~食物の持つ抗酸化作用で老化を撃退!~

活性酸素による老化
呼吸で取り入れる酸素のうち2%は、血管などの酸素を酸化される活性酸素へと変わります。
生活習慣で活性酸素は増える!
1.ストレス  2.喫煙  3.暴飲暴食  4.紫外線  5.排気ガスなど大気汚染

 

抗酸化作用の働き → 活性酸素に対抗して体内老化を防ぐのが抗酸化作用。
抗酸化食品は細胞の修復を助けます。
1.活性酸素の発生防止  2.活性化酸素(フリーラジカル:強い酸化力を持つ)を安定化
3.酸化生成物を無害化、損傷細胞を修復

 

緑黄色野菜をはじめとする抗酸化作用のある食材は、特定のものを食べ続けるより多種類を組み合わせるほうが効果も高いといわれています。
ビタミンC・・・柿・オレンジ・キウイフルーツなど
ビタミンE・・・カボチャ・鮭・アーモンドなど
Βカロチン・・・にんじん・トマト・ほうれん草など

食欲の秋、スポーツの秋!無理せず適度に運動し、好き嫌いなく色々な食材で楽しく食べましょう!
栄養士 小川

その他ご案内

このページの先頭へ