下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術を導入しました。

当院は、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術(高周波・レーザー治療)の実施施設、実施医として認定されました。

血管内焼灼術は、細い管(カテーテル)を下肢静脈瘤の原因となった静脈の中に挿入し内側から熱を加えて焼いてふさいでしまう治療です。手術の傷が小さく、日帰りで治療ができる体に負担が少ない方法です。当院では高周波治療により日帰りで下肢静脈瘤の血管内焼灼術を行っています。従来から行っておりましたストリッピング手術・静脈瘤切除術と高周波治療でより安全でより低侵襲、そしてより確実な静脈瘤治療を提供させていただくことができると考えております。

下肢静脈瘤でお困りの方は、是非ご相談ください。

 

ClosureFast

 

 

 資料提供:日本コビディエン株式会社

お電話・お問い合わせ
076-421-8855

このページの先頭へ