新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の対応について

当院では新型コロナウイルス感染予防のためとして,アルコールや次亜塩素酸を使用しウイルスを除去した安全な空間での診療につとめております。また,手術・処置・内視鏡検査や外来処置の際には、フェースガード・マスク・手袋・キャップ・ガウンなどを着用し

今回の新型コロナウイルスに対してもできるだけ万全な対策をして診療をしております。

 

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防のため、以下の症状のある方はお申し出ください。

 

かぜ症状や37.5℃以上の発熱を認める方。

・2週間以内の新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との濃厚接触歴のある方。

・2週間以内の感染多発地域への渡航歴のある方。

強い倦怠感息苦しさを感じる方。

・明らかな誘因のない味覚・嗅覚異常を認める方。

・明らかな誘因なく4−5日続く下痢などの消化器の症状を認める方。

 

また、受診される方は、ご自宅にて“検温”を済ませてから来てください。37.5℃以上の方は、来院前にお電話を下さい。

受付の際に体温をお聞きします。さらに、受付にて再度体温を測定させて頂きます。

 

よろしくお願いいたします。

お電話・お問い合わせ
076-421-8855

このページの先頭へ