最新の下肢静脈瘤治療(グルー治療)を導入しました。

2019年12月から「グルー治療」が保険適用となりました。グルー治療とは、針を刺して血管の中にカテーテルを入れ、グルー(接着剤)を注入して血管の中を固めて逆流を止める治療です。治療効果は、欧米の成績では血管内焼灼術や抜去術と変わらないと言われています。当院でも、従来行ってきた血管内焼灼術(ラジオ波治療)やストリッピング手術に加えグルー治療を始めました。グルー治療は、基本的にカテーテルを刺す部分の局所麻酔のみで手術が行え、体に負担が少ない(熱で焼かないため深部静脈血栓や神経麻痺が起こりにくい。治療後に弾性ストッキングを履く必要がなく、運動制限もほとんどない。)治療法です。特に静脈瘤が小さい方に向いている治療です。詳しくは、ホームページをご参照ください。

お電話・お問い合わせ
076-421-8855

このページの先頭へ